保育園のイロハを調べてみよう TOP

このサイトについて

利用方法や設立目的の違いが保育園と幼稚園の違いとされています。いざというとき、ギリギリになって慌てないように、事前にある程度調べておいたほうがいいでしょう。

幼稚園というのは学校教育法として法律で定められています。入所できる年齢は満三歳になってからとなっており、小学校に上がる前までの幼児が対象となっています。また、一日の保育時間も定められていて、一日平均すると4時間程度となっています。

保育園の場合は児童福祉法として法律で定められています。入所できるのは1歳未満の乳児から小学校に上がる前までの幼児が対象となります。一日の保育時間は幼稚園と異なり、原則として8時間となっていますが、特例として最大で12時間まで保育可能となっています。

このように、入所できる年齢や保育時間などが異なる保育園と幼稚園。何歳から預けたいか、どのぐらいの時間預けたいか、など家庭環境によってどちらがいいか決まってくることでしょう。共稼ぎでお父さんもお母さんも働いている場合は保育園に入所させる過程が多いようです。幼稚園でも中には延長保育を取り入れているところもあるようですが、保育園のほうが預けやすいという意見が働くお父さんお母さんたちには多い傾向があります。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    25分あたり850円~という格安のスカイプ(skype)を使った韓国語教室なら、レッスンの開始30分前まで予約が出来るので、時間のない人にもオススメです。
    お手頃な月額5000円からのAAAアカデミー 京都英会話スクールなら、経済、科学、医学など専門分野の英会話やディベートもできるだけ対応してくれて、プライベートレッスンで個々にあったレッスンが出来るのでオススメです。
    中学一年生から高校三年生までを対象とした慶應ニューヨーク学院専門塾なら、受験当日でも、エッセイの添削だけでも必要な時に必要な分だけ授業を受けることができるのでオススメです。
    多民族国家のオーストラリアでワーホリをするなら、留学を親切丁寧にサポートしてくれて、大自然の中で快適な環境で勉強に集中できるので英語力アップに効果的です。
    自然豊かな環境で集団生活を行なう事により、社会のルールや自らの目標を見出す事が出来る引きこもりの支援施設なら、期間に制限がなく、しっかりと社会へと復帰出来るように支援してくれるのでオススメです。
    業界で活躍している人から最新の業界情報や現場で必要とされる人物像などをレクチャーしてもらえるブライダルの専門学校を名古屋周辺で探すなら、徹底した個別サポートで就職に強い人材を育成しているのでオススメです。
    子どもを完全なバイリンガルに育てるには、子供と一緒に英会話を学べる日常英会話CDがオススメです。子供をバイリンガルへと育てた現役ママ達が作り上げた英語教材が役に立ちます。
    Copyright(C) 保育園のイロハを調べてみよう All Rights Reserved.